calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

archives

株式会社JIMゲイナー様「炊き出しレポート」その1

今回から4回にわたり、
株式会社JIMゲイナー様の「炊き出しレポート」を掲載させていただきます。

当院ホームページのスマイルニュースのコーナーで
「[東日本大震災 2,800本の歯ブラシでご協力」の記事でも紹介させていただいたJIMゲイナーさん。

3/11以降、医院内でも、
また個人としても何かしたい気持ちは強かったのですが、
日々の診察に追われ、実際には行動を起こすことはできないでいた時、
以前、当院で受付スタッフで、現在JIMゲイナーさんのマネージャーから協力の要請がありました。
医院としてハブラシを2800本寄付をしたことと、
女性用の下着を買う資金がないとのことで、事務長個人からも寄付をしました。

この炊き出しレポートを読むと、現地の様子や炊き出しのご苦労がよくわかります。
ただ、現地でこれだけ頑張っている方がおられるのに、
行政の壁があり、復興が遅れていることが残念でなりません。
いまだに復興大臣が変わったりして、政治の責任は重いと思います。
阪神大震災の時は、診療所も家具が倒れて、わずかですが被害があり、
近隣の患者様にも被災された方がいらっしゃいました。
その時とは、被災した規模が違いますが、政府には早急に対応をお願いしたい気持ちでいっぱいです。

許可を得て、当ブログにも掲載させていただいております。


炊き出しレポート:第1回目

まず、この度の東日本大震災で被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。
そして、一日も早い復興と皆様のご健康を従業員一同心よりお祈り申し上げます。

あの未曾有の大震災のあと何もすることのできない自分たちは、もやもやする気持ちを押さえきれないでいました。
それを見た弊社代表の山本が炊き出しに行くことを提案。
いちレーシングチームが、どれだけ出来るか分からないが、
とにかく行こうという思いで始まった私たちの活動ですが、
結果として自分たちが思った以上の規模で活動出来ました。
それには多くの方々のご協力、ご支援ががあったからに他ならず、
皆様に感謝の気持ちも込めまして4週に渡る活動をご報告させていただきます。

1週目(3月26、27日)
いざ、炊き出しに行くと言ったものの何をやったらいいのか。
メニューはどうする、何人分作るのか、その前にどこで炊き出しをするのか、物資はどう集めるか、問題は山済みでした。

まずは行き先を決めようということで情報収集。
誰も行っていないようだった石巻市に行くことに決定。
社長の知人により市役所前で炊き出しの許可を得て場所に関しては解決。
あとは物資の内訳だとか、炊き出しの量など細かいことは行ってみないと分からない。

とにかく自分達が必要と思うものをリストに上げ、ガスコンロ・寸胴鍋・ポリタンク・テントなど借りれる物は借り、購入可能な物は購入し、提供して頂ける物は提供して頂き、皆様の善意により何とか荷物は揃いました。

そしてメニューも暖かくなおかつ簡単に作れる、うどん・とん汁・ご飯に決定。

株式会社JIMゲイナー様「炊き出しレポート」

集まった野菜は出発前日に工場で程よい大きさに切り、米はあらかじめ磨いでおきます。
現地ではこのような作業をする時間や水などはなかったのでやっておいて正解でした。

余談になりますが是非伝えておきたいことが一点。
この日までの東北道が緊急車両しか通行できなかったのですが、
この「緊急車両」というのは救急車や消防車だけではなく、
警察に申請して「緊急」と書かれたプラカードさえもらえれば、通行可能な訳です。

つまり、この目的というのは緊急に物資を運ぶトラックなどに使うためだそうです。
そう考えると我々も物資を届けに行く立場ですし、
炊き出しにしても『早く暖かいものを食べさせてあげたい』という意味からも
申請するに妥当な理由付けが出来ると思い、
炊き出し企画書を持参して鈴鹿警察に行きました。

結果、我々の要望は一切通らず、
物資が載っていないただ人を運ぶだけの車両には「緊急」車両と呼ばせれないという事でした。

しかし、我々の荷物もトラックだけ行っても現地で下ろせないし、
今書類上の事を言うのではなく柔軟に対応して欲しかったです。
結して遊びに行く訳ではないのに一切聞いてもらえなかった事は非常に残念でした。
結果として当日解除になりましたが、
今後、もしもそういう状況が来た時には考えて頂きたいものです。

<炊き出し量集計>
土曜昼:うどん600食、夜:とん汁&ご飯400食、日曜朝:味噌汁&ご飯250食

株式会社JIMゲイナー様「炊き出しレポート」

<今回集まった支援物資>
トイレットペーパー、ティッシュ、生理用品、大人用おむつ、子供用おむつ、歯ブラシ、ウェットティッシュ、衣服類、下着、毛布、タオル、炊き出し用プラ容器、紙コップ、箸、サランラップ、水etc

株式会社JIMゲイナー様「炊き出しレポート」

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック