calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< October 2016 >>

archives

Pane del Presento di compleanno(イタリア語で「お誕生日プレゼントのパン」という意味)

毎年ありがたいことに、
医院のスタッフや友人など、
いろいろな方が僕の誕生日を祝ってくれます。

今年の62回目の誕生日会では、
いつもお世話になっているRestaurant URAさんから特大のパンを頂きました。

Pane del Presento di compleanno

URAさんは、コース料理と共に出されるパンがおいしすぎて通うようになりました。
パン好きの僕のためにオーナーシェフが、誕生日ケーキならぬ誕生日ブレッドを焼いてくれました!

Pane del Presento di compleanno

誕生日ブレッドには、「HAPPY BIRTHDAY」と「62」の文字が描かれています。
その大きさは、なんと、大顔の僕の顔をはるかにしのぐ大きさです!
パンの美味しさは保証済みですが、感激しすぎて、いまだに食べることができません。

Restaurant URA のアドレスです。


8020(ハチマルニイマル)健康長寿社会の実現に向けて

厚生省と日本歯科医師会が推進している、「8020運動」をご存知でしょうか。

日本歯科医師会ホームページより〜
<参考>厚生省「成人歯科保健対策検討会中間報告」1989年(平成元年)―抜粋―
「残存歯数が約20本あれば食品の咀嚼が容易であるとされており、例えば日本人の平均寿命である80歳で20本の歯を残すという、いわゆる8020運動を目標の1つとして設定するのが適切ではないかと考えられる。」

8020運動というのは、生涯、自分の歯で食事をしてもらおうという運動です。
平成元年から始まったこの運動ですが、なかなか達成は難しく、現状ではそれほど浸透しているとは思えません。

8020(ハチマルニイマル)健康長寿社会の実現に向けて

ご依頼を頂いた老人保健施設では、80歳で20本歯が残っておられる方々に表彰状をお渡しする「8020運動表彰式」を行っています。
少しでも一般の方にこの運動を知ってもらいたい、また、日頃から訪問診療でたくさんの施設に伺っている歯科医院として、なにかできないかと思いました。

8020(ハチマルニイマル)健康長寿社会の実現に向けて

先日も敬老の日に合わせて表彰式を行なおうと、100名ほどの入居者さんがおられる施設で、80歳で20本以上歯がある方を調べましたが、20人しかいらっしゃいませんでした。
8020運動達成までの道のりは長いようです。

8020達成までは時間がかかりそうですが、表彰状を手渡すと子供のように喜んでくださる入居者さんたちの姿を見ると、別の達成感は芽生えました。


カンボジア ウドン市での医療ボランティアに行ってきました。

カンボジアは、ポルポト派の独裁政治の間に、教師や医師が虐殺された歴史があります。

カンボジア ウドン市での医療ボランティアに行ってきました。

現在は復興してきたとはいえ、多くの国からの支援が必要で、まだまだ発展途上です。
先日、そんなカンボジアに医療支援のボランティアに行ってまいりました。

カンボジア ウドン市での医療ボランティアに行ってきました。

この医療支援は、私が所属する豊中千里ロータリークラブの活動の一つです。
カンボジア中部に位置するウドン市にある地域のヘルスセンターで内科と歯科の診察を行いました。

サンスクリットで「至高」との意味があるウドン市は、メコン川のほとりにあり、東洋の宝石箱と言われた美しい街です。
泊まったホテルからは、金色のパレスが見えました。

カンボジア ウドン市での医療ボランティアに行ってきました。

徳川幕府の時代に日本とカンボジアは貿易関係を結んでおり、現地には日本人町も作られていました。
その時に、カンボジアの麺料理が日本に伝わり、それが「うどん」であるとの説があります。

カンボジアはまだまだ医療施設もなく、多くの方が治療を受けれずに困っておられます。
口腔内の状況は非常に悪く、虫歯で歯が欠けて、しっかり咬めない方が多くいらっしゃいました。
日本での何でもそろう生活になれていた私にとっては、衝撃の数日間でした。

今日のポイントはハリネズミです。

今年は秋が長いですね。

今日のポイントはハリネズミです。

今日のファッションのポイントは、
襟元につけたハリネズミのピンブローチです。

今日のポイントはハリネズミです。

今年も愛を感じる一日でした。

毎年、診療所でスタッフみんなが僕の誕生日祝いをしてくれますが、
今年の誕生日は、
さらに、行きつけのワインバーでも、
お祝いをしていただきました。

今年も愛を感じる一日でした

お店のオーナーさんは、
ご夫婦そろってワイン好きなので、
こだわりのオーガニックワインを飲みながらの会になりました。

今年も愛を感じる一日でした

ワインのボトルのこのデカさ!
タバコの箱と比べると大きさがわかりますよね。

今年も愛を感じる一日でした

おいしいワインやシャンパンと、
常連さん達との楽しい会話で、
とても良いお誕生日を迎えることができました。

みんなに愛されてるなぁ〜

本日のファッション

本日のファッション

お昼から勉強会に出席のため、スーツで出勤です。




本日のポイントは、夏らしい色合いのストールです。

カルテ勉強会

新人スタッフ向けに、春の連休前にカルテについての勉強会をすることにしています。
今年も新人・中堅を問わず参加してくれました。

カルテ勉強会

資料作りと講義は、清水先生と朝田先生にお願いして、僕は初めに少しだけ話をするつもりでしたが、人がしゃべっているのを聞いているとついつい横から手が出て、足が出て、口が出て…となりました。

カルテ勉強会

一日中良いお天気で、せっかくのお休みがつぶれてしまったにもかかわらず、多くのご参加ありがとう。
これからの診療に役立ててください。

カルテ勉強会

受付さんや衛生士さんたちは、僕の話しわかりましたか?

カルテ勉強会

暑気払い

猛暑が続く毎日、
寄る年波には勝てず、食がすすみません。

ただいまダイエット中の僕にとっては、
容易に食事量を減らせて助かりますが、
その分、ビールの飲みすぎに注意しています。

日頃控えているビールをこの日ばかりは思う存分飲みましょう!ということで、
スタッフと自宅近くのいきつけへ暑気払いに行きました。

暑気払い

スタッフみんなの食べっぷりと飲みっぷりにつられて、
同行した僕の母が、たくさん食べてくれたのがうれしかったです。
高齢の母は、年々食が細くなり、いつも体調が気になります。
外食は好きで、レストランなどに行くと自宅よりたくさん食べてくれるので、
できるだけ連れ出すようにしています。

暑気払い

これからが夏本番です。
皆さんも、体調管理をしっかりして、この夏を乗り切ろう!!

むし歯予防デー表彰式

梅雨らしい雨が続いていますが、みなさん体調&口腔管理はしていますか?

6月は、むし歯予防週間でした。
毎年、この時期は、学校検診や老人ホームでの表彰式など、
診療所以外で診察やお話しをする機会が多くなります。

むし歯予防デー表彰式

ご高齢の方々には、いつまでも若々しく、
食事やおしゃべりを楽しんで頂きたいです。

その願いをこめて、今年も老人ホームで表彰式を行いました。

むし歯予防デー表彰式

表彰状をお渡しすると、みなさんが子どものように感涙されていました。

医者の不養生で、
僕自身はなかなかちゃんとした歯科検診や治療は受けていません。
しかし、子どもさんや高齢者の方々は、毎年歯科検診を受けて、
悪い所があれば、ちゃんと治療を受けて頂きたいものです。

そのためには、子どもとお年寄りの医療費は無料にして、
安心して診察が受けられるような世の中になって欲しいと望みます。

歯の健康週間

毎年、6月は歯の健康週間として、
学校や幼稚園などで歯科検診を行う季節です。
学校歯科医や幼稚園の園医をしていることから、
豊中市内の中学校や幼稚園に伺いました。


開業したての頃は、
歯科に関する意識が低く、
むし歯が進行しても放置しておられる方が多かったのですが、
この頃は、
歯磨きの習慣づけを早くから行うようにと教育がなされているので、
以前のように重症な方は見なくなりました。

ただ、年々、顎が小さくなって、
小顔になってきているため、
歯並びが悪くなる傾向があります。

検診の際に学校の先生には注意を促しています。


また、医院に定期的に来られている子供さんには、
早めに乳歯を抜くなどして、
矯正しなくてもある程度きれいに並ぶようにしています。

母親がどれだけわが子の口の中を見ているかで、
子供の将来が決まってしまいます。

永久歯への交換期には、
夜寝る前に仕上げ磨きをしてから、
歯の生え変わりにも注目していただきたいですね。


また、老人ホームでは、表彰の時期でもあります。
高齢になっても、歯がたくさん残っておられる方には、
毎年6月に、表彰状をお渡ししています。

歯の健康週間

1ヶ月以上前から、
診察のたびに「表彰はいつですか?」と楽しみにされている方も多く、
表彰の日には、僕もネクタイを締めて、
お一人お一人の名前を読み上げて、
表彰状をお渡ししています。

歯の健康週間

みなさんが今年1年も歯を大切に、
お元気で過ごされますよう願っております。


| 1/4PAGES | >>